2022年9月27日 (火)

アサギマダラ

中間平で鷹の渡りを見ていると、時々アサギマダラが上空を渡って行く。

ノアザミで吸蜜している個体がいた。後翅に黒斑が無いので♀だ。

P1090841

P1090855

2022年9月23日 (金)

イワサキタテハモドキ

石垣やいま村に登って行くと道路脇にイワサキタテハモドキがとまっていた。

ホテルに戻って部屋から外を見るとコウライキジ♂が林縁を歩いていた。

最終日台風が接近する中、12時発を予約してあったのでぎりぎり欠航に

ならずに帰ることができた。

P1090730

2022年9月22日 (木)

カバマダラ

早朝ホテルの敷地を散策していると、カバマダラが葉にとまっていた。

後翅裏に黒斑が4つあるので♂だ。有毒種なのでツマグロヒョウモン♀は

カバマダラに擬態している。

P1090698

P1090699

2022年9月20日 (火)

リュウキュウムラサキ

朝ホテルの敷地内を散策していたら、リュウキュウムラサキ♂がいた。

前後翅の中央にある青紫色に縁どられた白斑が美しい。光の具合で

青紫色にならない。

P1090704_20220920145501

P1090716

P1090599

2022年8月25日 (木)

キベリタテハ

登山道の地面でキベリタテハが吸水していた。黄色の縁取りと

瑠璃色の斑点が綺麗な蝶だがなかなか翅を開いてくれない。

飛んで妻の腕にとまって開いてくれた。鏡池の傍でも吸水していた。

P1090121

P1090127

P1090137

P1090145

2022年8月24日 (水)

シータテハ

2000mの登山道を歩いていると、地面で吸水している蝶がいた。

尾状突起が長く、前翅外縁の凹凸が強い、裏の後翅中央のC字が

大きく鮮明、裏が明るい色なのでシータテハ♀だ。

P1090092

P1090089

 

2022年8月23日 (火)

エルタテハ

2000mの湿原の駐車場で、前翅頂付近に白斑があり、後翅前縁中央部の白斑もある

裏後斑のL字の白斑があり、濃淡がはっきりしているエルタテハ♂が吸水していた。

P1080981

P1080979

2022年8月22日 (月)

ベニヒカゲ

1700mの湿原や2000mの湿原、周辺の山でヤマハハコ、マルバダケブキ

ハクサンフウロ等で吸蜜しているベニヒカゲが多かった。

P1080815

P1090020

P1090033

2022年8月21日 (日)

クジャクチョウ

1700mの高原から2100mの山まであちこちでノアザミや

マツムシソウ等の花でクジャクチョウが吸蜜していた。

P1080799

P1090001

P1090007

P1080948

2022年6月21日 (火)

オオムラサキ

エノキの木にオオムラサキの幼虫、蛹の両方が見られた。今朝羽化した

オオムラサキ♂も見られた。

P1070445

P1070439

P1070464

より以前の記事一覧