2018年9月 4日 (火)

イシガケチョウ

P9010483 31日~3日で沖縄本島北部奥間に家族で行きました。キャンプ場から比地大滝まで蒸し暑い林の中をP9010461 歩くと、リュウキュウメジロやオキナワシジュウカラが飛び、ホントウアカヒゲが鳴き、ノグチゲラの声やドラミングも聞こえました。イシガケチョウがとまってくれたので写すことができました。リュウキュウアサギマダラ、アオスジアゲハ、オキナワカラスアゲハ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハが飛び回っていました。

2018年8月21日 (火)

シータテハ

榛名山の前方を、青空を背景にノスリ2羽が帆翔していました。ゆうすげの道入口のトイレの壁に蝶がとまっていて、尾状突起が長い、前翅中室基部の黒斑がない、色が淡いことからシータテハ♀と分かりました。高原の爽やかな風に吹かれ遊歩道を歩くと、ユウスゲ、マツムシソウ、コオニユリ、オミナエシ、ワレモコウ等が綺麗に咲いていました。P8200370

2018年8月 8日 (水)

ヒョウモンチョウ

2 1400mにある休暇村嬬恋鹿沢に泊まりました。冷房が無くても快適でした。早朝に沢沿いの遊歩道を歩いてミソサザイのさえずりを聞きました。湯ノ丸高原から池の平湿原を通り高峰高原1900mに行きました。スキー場に花がたくさん咲いていました。ベニヒカゲ、キマダラモドキ、クジャクチョウ、アサギマダラ、キアゲハ、アカタテハ、アサマイチモンジが飛び回り、ハクサンフウロでヒョウモンチョウ♂が吸蜜していました。1

2018年8月 7日 (火)

ギンボシヒョウモン

1_2 涼しい風に吹かれ、花々を眺めながら登って行くとウラギンヒョウモンがいて、ギンボシヒョウモンもノアザミの花で吸蜜していました。Photo_3

ベニヒカゲとクジャクチョウ

池の平湿原駐車場2057mから見晴歩道を歩きました。アオジ、ウグイスがさえずっていました。Photo_2 ベニヒカゲはたくさんいましたがなかなかとまってくれません。ヤナギラン、マツムシソウ、ハクサンフウロ等が咲いている尾根道を登って行くとマルバダケブキの花でクジャクチョウが吸蜜していました。Photo

アサギマダラ

湯の丸高原は1700mあるので下界よりは涼しく25度でした。池の平湿原に続く林の中の道を走ると、道路沿いにヨツバヒヨドリの花がたくさん咲いていてアサギマダラがあちこちで吸蜜していました。ルリビタキ、メボソムシクイが2 さえずり、メボソムシクイは枝の中で飛び回っているところが見られ、ヒガラ、コガラ、エナガも見ることができました。1

2018年8月 6日 (月)

クモガタヒョウモン

1 少しは涼しいかと思い県民の森に出かけました。駐車場に着くと27度、林の中の道には心地よい風が吹いていました。クロツグミ、ウグイスのさえずりを聞きながら歩いて行くと、コサメビタキ成鳥と幼鳥が枝の中で動き、キョッキョの声の方を探すとアカゲラ2羽が見られました。ミドリヒョウモン、メスグロヒョウモン♂がいて、ヒガラ、ヤマガラ、コガラ、シジュウカラの声を聞いたり見たりしました。センダイムシクイがさえずっていました。レンゲショウマは終わりのようでかろうじて数個の花が見られました。クモガタヒョウモン♀に会えました。前翅頂の白い三角斑が良く見えました。Photo

2018年7月25日 (水)

ウラギンヒョウモンとミドリヒョウモン

Photo_2 八千穂高原自然園に行くと咲いている花が少ない。受付の人の話では夏の花が咲き終わってしまったとのこと。梅雨明けが早く連日の猛暑の影響でしょうか。少ない花でウラギンヒョウモンとミドリヒョウモンが吸蜜していましたPhoto

2018年7月 8日 (日)

オオムラサキ

P7039291 オオムラサキの林に行くと、樹液が出ているクヌギの木にオオムラサキ♂、♀がきていました。なかなか翅を開いてくれません。オオスズメバチやカナブンを追い払う時や♀に交尾を迫る時に開きましたP7039269

2018年6月 3日 (日)

メスグロヒョウモン

P6038502 紫陽花や草花の開花にはまだ早かったですが、少ない花にキアゲハ、ツマグロヒョウモン♂がいて、メスグロヒョウモン♂♀に会えました。P6038489

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー