« ホトトギス | トップページ | コジュケイ »

2018年6月20日 (水)

オオルリ

沢沿いの林道には涼しい風が吹いていました。まだホトトギスが賑やかに鳴き、ウグイス、キビタキがさえずっていました。キビタキのヒッヒという地鳴きも聞こえ、別のところでは幼鳥も見かけました。沢音を聞きながら歩いていると、声も無くサンコウチョウ短い尾の♂が現れ木の周りで虫をフライキャッチ。この♂は先日ようやく♀と番になれて巣作りを始めたなと思ったら、二日後行くとP6198655 やめてしまっていて行方不明になっていた個体です。きっと初めてで巣作りがうまくできず♀に振られてしまったのでしょう。寂しそうでした。オオルリのさえずりが遠くから聞こえるなと思ったら、近くの枝にとまってくれました。近くで繁殖しているはずです。P6198653

« ホトトギス | トップページ | コジュケイ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオルリ:

« ホトトギス | トップページ | コジュケイ »