« ヒガラ | トップページ | 霧多布岬 »

2016年6月 9日 (木)

霧多布湿原

牛や馬が放牧されている牧場の中を走り、霧多布湿原センターに向かいました。センターの近くの木道と林道を歩きました。ベニマシコの赤い♂、♀、ノビタキ♂♀、エゾムシクイ♂、アオジ♂、カッコウが見られ、シマセンニュウ、コヨシキリ、ツツドリが鳴いていました。昨年22日に来た時はエゾカンゾウが一面に咲いていましたが、まだ咲いていませんでした。アゼチの岬に行くと、オジロワシが飛び、ウミネコ、オオセグロカモメが飛び回っていました。ノゴマが素晴らしいさえずりを聞かせてくれ、オオジュリン♂♀、コヨシキリ、アオジ♂♀もさえずり、姿を見せ、小島ではウミウが繁殖、ヒメウも見られました。以前は6~7月頃にはエトピリカも見られたそうですが今は姿を見せないそうです。ショウドウツバメが崖で繁殖しているようで近くを飛び回ってくれました。宿泊先のペンションポーチ裏にある琵琶瀬木道を歩くと、シマセンニュウがさえずり、チリリリーと虫のようなマキノセンニュウのさえずりが聞こえてきたので探すと、さえずっている可愛い姿が見られました、ノゴマ、ベニマシコ、オオジシギも見られました。夕食後、蛍が見られるというので木道を歩きました。蛍は分かりませんでしたが、満天の星空を眺めることができました。

« ヒガラ | トップページ | 霧多布岬 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

素敵な鳥見の旅でしたね。アフターさんの用意周到な計画が、
あったので、本当に良い鳥見が出来、感謝です。

ハシブトガラ何とか撮れてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧多布湿原:

« ヒガラ | トップページ | 霧多布岬 »