« 野付半島 | トップページ | オオムラサキ »

2015年6月28日 (日)

野付半島Ⅱ

ホテルをチェックアウトすると、近くの針葉樹から良い声が聞こえてきました。ノゴマでした。ベニマシコの声も聞こえてきました。車を置き近くの公園まで歩いて行くと、下面が白い亜種シロハラゴジュウカラの成鳥、幼鳥が木から木へ移動していました。車に戻り野付半島へ。ナラワラの景色を眺め、花を見ながら走るとオオジュリンがさえずっていたので写し、録音もできました。オオジシギが電柱にとまりズビヤークとさえずっていたのでこれも録音できました。野付崎灯台の駐車場に車を置き灯台まで歩きました。電線にカッコウがとまっていました。他のカッコウは鳴いたりしながら飛び回っているのに、静かにして尾も上げていません。少し小さく感じたのでホトトギスと思いましたが、虹彩が黄色でやはりカッコウでした。北海道はホトトギスが少ないようです。他の鳥のさえずりが少なかったので、ようやくマキノセンニュウがさえずっているところを見ることができました。野付半島ネイチャーセンターに寄り、中標津空港に向け出発。途中でタンチョウのペアが採餌しているところに会いました。雛がいないので繁殖に失敗したのかもしれません。空港に向かう道路の両側に牧場が広がり、北海道らしい景色を眺めていると帰る途中なのに又来たくなってしまいました。今回の探鳥旅行では、タンチョウ、シマセンニュウ、エゾセンニュウ、マキノセンニュウ、亜種シロハラゴジュウカラが初見できました。ツツドリ、ミソサザイ、コマドリ、コルリが声だけでした。観察種数は46で大満足の旅になりました。Photo 2 Photo_2 3

« 野付半島 | トップページ | オオムラサキ »

」カテゴリの記事

コメント

2泊3日の道東の旅で46種とは、素晴らしい。帰る空港までの間に、また来たいと思う気持ちも良く判ります。
大満足の旅のレポート楽しませていただきました。

雄大で、自然豊かな北海道を、車で回り、本州では見ることの出来ない鳥を含めて、46種、見ることが出来た、奥様とご一緒の素晴らしい旅でしたね。羨ましい!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野付半島Ⅱ:

« 野付半島 | トップページ | オオムラサキ »