« ナベヅル | トップページ | アトリ »

2015年1月24日 (土)

ルリビタキ

近くにある谷津を歩いてといっても、田んぼだったのが耕作放棄され、入口が篠竹に閉ざされてしまっているので、かき分けてようやく入っていきました。そこは湿地のようになっていてまだ空間があり、鳥や動物達の棲家になっていました。メジロ、シジュウカラ、エナガ、シロハラが木々の間を動き回り、ルリビタキ♂若(第1回冬羽と思われます)が鳴きながら現れました。枝から枝に飛び、時々地上に降りていました。♀に似ていますが小雨覆に青味があるので♂若と分かりました。P1243438 P1243440

« ナベヅル | トップページ | アトリ »

」カテゴリの記事

コメント

近くに、良い鳥見の場所が在って、良いですね。ルリビタキの若と、♀、本当に区別、難しいですよね。
何時も、確りと見ておられるのには、敬服します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルリビタキ:

« ナベヅル | トップページ | アトリ »