« チゴモズ | トップページ | 奥胎内 »

2014年6月14日 (土)

キビタキ

大雨が続き憂鬱でしたが、ようやく晴れたので近くの沢筋の林を三箇所歩きました。一箇所目、沢の水位が上がっていましたが水は澄んでいました。キジ♀が飛びコジュケイが鳴いてコサメビタキが現れました。ウグイス、ホオジロがさえずり、キセキレイが道から飛び立ちました。キセキレイの幼鳥もいました。大雨が降った後の林の中を吹き抜けていく風は爽やかでした。クロツグミ、オオルリもさえずっていましたが姿はみえません。サンコウチョウも一声だけ鳴きました。二箇所目は毎年サンコウチョウが渡ってくるところです。林の中でさえずっていましたが姿は見られませんでした。キビタキ♂さえずっているところを見ながら昼食を食べました。ノスリが鳴きながら飛んでいました。三箇所目、涼しい風が吹いていました。ホトトギスがさえずり、キビタキ♂がさえずっているところが見られました。ゴマダラチョウが飛び回り綺麗なカワトンボの仲間がとまっていました。帰ろうとした時、斜面の上方の木の枝の中をサンコウチョウ♂が飛び回ってフライキャッチしているところを見ることができました。最後に嵐山町蝶の里公園に寄りました。幸運にも今年初めて羽化した(管理人さんの話)オオムラサキ♂に会うことができました。羽がまだ柔らかそうでした。上空をホトトギス♂が鳴きながら飛びました。P1290241 P1290263

« チゴモズ | トップページ | 奥胎内 »

」カテゴリの記事

コメント

アフターさん。だいぶ広範囲を、見て歩かれたんですね。この熱意があるからこそ、サンコウチョウ等を、見る事が出来るんですね。私も、アフターさんの爪の垢でも、を飲まなければいけませんね。

そろそろオオムラサキが見られそうですね。
昨年の大麻生探鳥会でのオオムラサキ思い出します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キビタキ:

« チゴモズ | トップページ | 奥胎内 »