« ヒレンジャク | トップページ | 粟島(2) »

2014年4月30日 (水)

粟島(1)

27~29日で新潟県粟島に行きました。5回目ですが岩船港から初めて高速船に乗りました。港内でウミネコ、ヒドリガモ、上空をミサゴが滑翔、港外に出るとべた凪、フェリーと違って早いです。鳥は少なくシロエリオオハム3羽、オオミズナギドリ1羽、ウミウだけでした。一年半ぶりの粟島はまだ桜が満開でした。今回も民宿弥三郎さんにお世話になりました。屋根にイソヒヨドリ、学校の校庭にはアオジ、カワラヒワ、スズメがいるだけ、畑にノビタキ♂♀、カシラダカ、アトリ♂、ニュウナイスズメ、奥の林からアカハラ、ツグミ、シロハラ等の声が賑やかです。オオルリが水路から出て地面に腹ばいになりました。長旅でよほど疲れていたのでしょう。目の前の木にもとまりました。離島ならではの行動です。牧平への海岸沿いの道を歩いていると林の中からキビタキ、コサメビタキが現れ、キヅタの実をアカハラ達が食べていました。海岸にカワセミがいました。海の小魚を狙っているようです。コチドリもいました。宿は漁師さんの民宿なので、目の前の海で取れた魚、山で採れた山菜が並んだ夕食を食べて一日目が終了。鯛の塩焼き美味しかったなあ。P1280533 P1280541

« ヒレンジャク | トップページ | 粟島(2) »

」カテゴリの記事

コメント

オオルリは、余程疲れていたのでしょうね。渡りの厳しさを感じました。

カワセミは、海でも、小魚を、獲って、食べるんですね。知らなかった!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粟島(1):

« ヒレンジャク | トップページ | 粟島(2) »