2018年9月17日 (月)

クマタカ

今日は日本野鳥の会埼玉のタカの渡り調査を中間平で実施しました。昨日は天気が良かったのですがそれ程渡らず、今日こそは晴れて北風も少し吹きタカ柱が見られるだろうと期待しましたが、最初にハチクマが上空から釜伏峠に渡るのを見て、その後サシバがポツポツと渡り、まとまった渡りは見られませんでした。そんな時風布側でタカが2羽帆翔、双眼鏡で見ると1羽は翼の幅が広いのでクマタカ?と思い、スコープで確認すると、翼下面の横斑がはっきり見えたので皆さんにクマタカですよと言うと、一気に盛り上がりました。中間平では今年初めての出現でしたP9170565 。12時で調査終了、サシバ14羽、ハチクマ1羽と低調でしたがクマタカが出てくれて皆さん満足のようでした。その後も観察を続け最終的にサシバ27羽、ハチクマ9羽でした。P9170569

2018年9月13日 (木)

クマタカ

P9130560 皇鈴山に着いた時は曇、寒い位でした。日光の山並み、東京の街は靄って見えませんが、近くの視界は良かったです。ハチクマ幼鳥が谷から上昇して堂平山方向へ渡って行き、サシバ8羽の鷹柱が鐘撞堂山方向でできて、高度を上げP9130562 渡って行きました。ツミやノスリ、トビも飛び、時々陽が差して暖かくなりました。ホンダ工場上空でハチクマが帆翔、もう一羽が合流、翼下面の横斑がはっきり見え、翼が幅広く大きい、クマタカだ!もう一羽ハチクマが合流、三羽で高度を上げ、ハチクマは渡って行き、クマタカは高度を下げながら谷側に滑翔、翼の上面が良く見え、テールバンドが5本見え成鳥だということが確認できました。今日はサシバ渡り12、出現2、ハチクマ渡り15、出現2、クマタカ1、ツミ2、ハヤブサ1、ノスリ、トビを見ることができました。

2018年9月 4日 (火)

ホントウアカヒゲ

P9020531 夜明け前にホテルを出て2号線を安田方面に走りました。ホテルの近くの森からリュウキュウアカショウビンのさえずりが聞こえました。2号線をゆっくり走るとまだ暗いのに車とすれ違うので鳥は無理かなと思っていると、薄明るくなってきたらさえずりが聞こえ始め、道路にホントウアカヒゲ♀、幼鳥が出て、道路脇の広場からノグチゲラのフィツ、フィツという声とドラミングが聞こえ、木の実を食べているところと木にとまっているところが見られました。道路P9020504 端にヤンバルクイナがいましたが直ぐに草の中に入ってしまいました。国頭村森林公園の遊歩道を歩くとヤンバルクイナの声が聞こえ、ホントウアカヒゲのさえずりも聞こえました。枝の中にホントウアカヒゲ♂を見つけました。尾羽が換羽中でした。カラスバトの声が聞こえ、リュウキュウサンショウクイが鳴きながら飛んでいました。

ベッコウチョウトンボ

P9010499 プライベートビーチのある落ち着いたホテルに泊まりました。シロガシラが木にとまり、リュウキュウツバメが電線に並んで、イソヒヨドリがあちこちでさえずっていました。ホテルの池にベッコウチョウトンボがいました。P9010496

イシガケチョウ

P9010483 31日~3日で沖縄本島北部奥間に家族で行きました。キャンプ場から比地大滝まで蒸し暑い林の中をP9010461 歩くと、リュウキュウメジロやオキナワシジュウカラが飛び、ホントウアカヒゲが鳴き、ノグチゲラの声やドラミングも聞こえました。イシガケチョウがとまってくれたので写すことができました。リュウキュウアサギマダラ、アオスジアゲハ、オキナワカラスアゲハ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハが飛び回っていました。

2018年8月30日 (木)

ハチクマ

8時40分中間平着、曇で蒸し暑い。電線にホオジロ、モズ♂、ヤマガラがとまっていました。風が無くてもトビはあちこちで帆翔。晴れてきて寄居町方向にハチクマ♂が現れ、何回もデイスプレイフライトを見せ下降、暫くして又上昇、風切羽が換羽中の個体で何回もデイスプレイフライトをして風布方向に下降。アオバトが飛び、ノスリが電柱にとまりました。寄居町方向からハチクマが滑翔、蝋膜の黄色が目立ち幼鳥だと分かりました。テラス前方で帆翔、初列風切が黒く下面が黒い暗色型でした。鐘撞堂山方向に下降。帰ろうとしたら12時25分展望台上空でノスリ2羽が帆翔、P8300414 ハチクマ1羽が合流、そしてもう一羽も合流、4羽で回りながら高度を上げ、ノスリ2羽が流れ、ハチクマ2羽も登谷山方向に流れていきました。

P8300413

2018年8月21日 (火)

オオルリ

森林公園内の池に行くと、クロツグミのさえずりが聞こえミソサザイの地鳴きも聞こえてきました。ここは風穴からの冷風で涼しいところです。鳥の出は悪かったですが、キビタキ幼鳥が何回も出てくれ、オオルリ♂若、♀、幼鳥P8200349 が出て、クロツグミ♂も出てくれました。林の中ではコサメビタキ、ヒガラがさえずり、コガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラの声が聞こえエナガが飛び回っていました。P8200333

シータテハ

榛名山の前方を、青空を背景にノスリ2羽が帆翔していました。ゆうすげの道入口のトイレの壁に蝶がとまっていて、尾状突起が長い、前翅中室基部の黒斑がない、色が淡いことからシータテハ♀と分かりました。高原の爽やかな風に吹かれ遊歩道を歩くと、ユウスゲ、マツムシソウ、コオニユリ、オミナエシ、ワレモコウ等が綺麗に咲いていました。P8200370

2018年8月11日 (土)

ツミ

P8100305 679mある山頂に到着すると28度、晴れていましたが湿度が高いせいか遠くの視界が良くありません。日差しは強いですが谷から吹きあがってくる風は涼しいです。トビ3羽が気持ちよさそうに上空を滑翔していきました。メジロ、ホオジロ、コゲラ、ガビチョウの声が聞こえてきました。前方にハチクマ1羽が現れ風に乗り高度を上げ遠ざかっていきました。尾羽と三列風切羽が換羽中でした。ノスリ1羽がピーヨーと鳴きながら飛んできてデイスプレイフライトを見せてくれました。突然鳥が近くの木の中に飛び込んだので探すと、ツミ幼鳥1羽がとまっていました。P8100236

2018年8月 8日 (水)

ヒョウモンチョウ

2 1400mにある休暇村嬬恋鹿沢に泊まりました。冷房が無くても快適でした。早朝に沢沿いの遊歩道を歩いてミソサザイのさえずりを聞きました。湯ノ丸高原から池の平湿原を通り高峰高原1900mに行きました。スキー場に花がたくさん咲いていました。ベニヒカゲ、キマダラモドキ、クジャクチョウ、アサギマダラ、キアゲハ、アカタテハ、アサマイチモンジが飛び回り、ハクサンフウロでヒョウモンチョウ♂が吸蜜していました。1

«ルリビタキ