2022年7月 1日 (金)

ミソサザイ

沢沿いのミズナラの林を歩いていると3か所でミソサザイがさえずっていた。

直ぐ飛んでしまったり見えなかったりしたが、最後に良いところにとまり

沢音に負けない声量で素晴らしい歌声を聞かせてくれた。

P1070890

P1070898

P1070902

2022年6月30日 (木)

オオルリ

標高1400mにある宿を朝5時10分に出て爽やかな空気を吸いながら

歩いた。カラマツ林の中からコガラの地鳴き、ヒガラのさえずりが聞こえた。

地面をキセキレイ♂♀が歩いていた。沢のところでキビタキ♂がさえずっている

ところが見られた。沢沿いのミズナラの林の中の遊歩道を歩くとオオルリの

素晴らしい歌声が聞こえてきた。中間の枝にとまりさえずっていた。

姿は見えないがヤブサメがさえずり、地面からアカハラ♂が飛び立ち

枝にとまった。飛んできて枝にとまったのは換羽中で尾が無いクロツグミ♀だった。

P1070839

P1070866

P1070873

 

2022年6月29日 (水)

ビンズイ

シラビソの林の中の道でルリビタキのさえずりを聞き、ホシガラス、

メボソムシクイの声も聞こえてきた。草原の石ころだらけの道を登り尾根に出ると

可憐なコマクサが満開だった。白花もあった。カラマツの梢の

ソングポストでビンズイ♂が良い声を聞かせてくれた。もう1羽は

柵の上や低木の上でさえずり、さえずり飛翔まで披露してくれた。

八ヶ岳等の眺望が素晴らしい。下の方からジュウイチの声が聞こえてきた。

P1070664

P1070682

P1070699

P1070707

P1070781

P1070647

P1070733

 

 

2022年6月27日 (月)

クロジ

カラマツ林の中の道は爽やかな風が吹き気持ちが良い。

オオルリ、ルリビタキ、ミソサザイ、ウグイス、ヒガラのさえずりを

聞きながら登って行くとホイチイチイというクロジのさえずりが

聞こえたので探すと、木の下の方で鳴くことが多いのに中間位の

枝にとまっていた。ウソの声も聞こえてきた。

P1070562

P1070558

P1070568

 

2022年6月21日 (火)

オオムラサキ

エノキの木にオオムラサキの幼虫、蛹の両方が見られた。今朝羽化した

オオムラサキ♂も見られた。

P1070445

P1070439

P1070464

2022年6月 7日 (火)

ギフチョウ

棚田を眺めながら高原の池に行くと、あちこち残雪があった。ホトトギスが

鳴いて飛んできて木にとまった。カッコウも鳴いた。アカゲラが木を登っていた。

山の奥の方からアカショウビンのキョロローという良い声が聞こえてきた。

林道を走って行くと通行止めであった。歩いて行くと道路が雪で覆われている

ところがあった。沢沿いには雪がたくさんあった。ミソサザイがさえずり、

オオルリ♂が木の高いところでさえずっていた。クロツグミも良い声で歌っていた。

突然道路脇に白黒の縞模様のある蝶が現れた。ギフチョウではと思ったがとまってくれず

林の中に消えた。池に戻ってくると同じ蝶が3頭飛び回っていた。ようやくとまってくれたのは

やはりギフチョウだ!表も裏も見せてくれた。時期的に遅いので全く予想してなかったので

嬉しかった。雪解けが遅いので羽化が遅れたのだろう。

P1060893

P1060897

P1060928

P1060943

P1060972

2022年6月 6日 (月)

ブッポウソウ

お寺に行くがブッポウソウは見当たらなかった。サンショウクイが

鳴きながら飛んできて梢にとまった。ニホンカモシカが草を食べていた。

人家の近くにいるなんて珍しい。人家が点在している集落でホトトギス、

ツツドリ、カッコウの声を聞いた。クロツグミ、コサメビタキのさえずりを

聞き、ノジコ、アオジ、オオヨシキリがさえずっているところを見た。

サシバ、アオゲラ、カケスが飛んだ。温泉街の上の方で枯れ木や杉の木に

とまるブッポウソウ♂♀が見られ♂が♀に求愛給餌をした。サシバが獲物を持って

飛び、ムササビが木の穴から顔を出した。

P1060817

P1060832

P1060881_20220606142701

2022年6月 4日 (土)

ホトトギス

自宅裏の林にホトトギス♂が飛んできてキョッキョキョキョキョキョと

賑やかに鳴いた。これがくると繁殖の季節だなと実感する。カッコウは

見えるところにとまって鳴くが、ツツドリ、ホトトギス、ジュウイチは隠れて

鳴いている。

P1060720

P1060726

2022年6月 3日 (金)

カッコウ

神社に行く橋を渡ると、イワツバメ、ツバメが飛び、境内でキビタキ♂が

さえずっているところが見えた。ゴジュウカラの地鳴きが聞こえたが姿は

見えない。電線にコムクドリ♂♀がとまった。カッコウの声がしたので見ると

電線にとまっていた。2羽いた。カッコウの声を聞くと高原にいるなと感じる。

川にセグロセキレイ幼鳥がいて親が虫をあげていた。

P1060352

P1060629

P1060684

2022年6月 2日 (木)

ミソサザイ

野鳥の森の川沿いの林道を歩き、さえずっているキビタキ♂を見て、ヤブサメ、センダイムシクイの

さえずりを聞き、サンショウクイの声を聞いた。ノジコが横枝にとまりさえずっていた。

「金からかみ金びょうぶ」とは聞こえないが高低のめりはりがある良い歌声だ。

沢に入るとミソサザイ♂が沢沿いの岩の上の窪んだ所に巣を作っていた。

ミソサザイは♂が巣を作り後は♀が抱卵、育雛すべて行う。巣を作っている

近くでヤマカガシがカエルをくわえて斜面を登っていた。ミソサザイが

それをじっと見ていたが巣作りは止めなかった。蛇に襲われるような場所だが

後のことまでは考えないのかもしれない。

P1060568

P1060572

P1060578

 

«カワガラス