2022年9月27日 (火)

アサギマダラ

中間平で鷹の渡りを見ていると、時々アサギマダラが上空を渡って行く。

ノアザミで吸蜜している個体がいた。後翅に黒斑が無いので♀だ。

P1090841

P1090855

2022年9月23日 (金)

イワサキタテハモドキ

石垣やいま村に登って行くと道路脇にイワサキタテハモドキがとまっていた。

ホテルに戻って部屋から外を見るとコウライキジ♂が林縁を歩いていた。

最終日台風が接近する中、12時発を予約してあったのでぎりぎり欠航に

ならずに帰ることができた。

P1090730

2022年9月22日 (木)

カバマダラ

早朝ホテルの敷地を散策していると、カバマダラが葉にとまっていた。

後翅裏に黒斑が4つあるので♂だ。有毒種なのでツマグロヒョウモン♀は

カバマダラに擬態している。

P1090698

P1090699

2022年9月21日 (水)

スジグロカバマダラ

竹富島に行って水牛車に乗り集落を回った。台風の被害で花が散ってしまい

蝶も少なかった。スジグロカバマダラが吸蜜していた。後翅中央に黒い性標が

あるので♂だ。オオゴマダラ、リュウキュウアサギマダラ、シロオビアゲハも

飛び回っていた。

P1090649

P1090626

2022年9月20日 (火)

リュウキュウムラサキ

朝ホテルの敷地内を散策していたら、リュウキュウムラサキ♂がいた。

前後翅の中央にある青紫色に縁どられた白斑が美しい。光の具合で

青紫色にならない。

P1090704_20220920145501

P1090716

P1090599

2022年9月19日 (月)

チュウダイズアカアオバト

石垣やいま村を歩き古民家を見ていたら、木の実を食べている

亜種チュウダイズアカアオバト2羽がいた。名蔵アンパルは

満潮だったので鳥が遠く、ホウロクシギしか分からなかった。

P1090763

P1090776

P1090803

2022年9月18日 (日)

クロサギ

家族で石垣島の夏を満喫した。ビーチに隣接するホテルの部屋に入って

窓の外を見ると真っ白なエリグロアジサシが、青空を背景に歓迎するように

飛び回ってくれた。石垣島の夜明けは遅く6時でも薄暗い。ホテルの敷地を

散策すると林の中からズグロミゾゴイが現れた。オサハシブトガラス、

イシガキヒヨドリ、リュウキュウメジロ、リュウキュウキジバト、

イソヒヨドリ♀、リュウキュウツバメ、スズメがいた。ビーチに出ると

クロサギ黒色型が波打ち際で小魚を捕食していた。クラゲ除けのネットのブイに

白色型もとまっていた。沖のブイにオオアジサシがとまっていた。

P1090692

P1090684

P1090674

2022年8月28日 (日)

サンショウクイ

今年もタカの渡り観察を始めた。ツミ、ノスリ、チョウゲンボウ、トビが

飛んだだけで渡りは見られなかったが、9時に駐車場に着くとサンショウクイ15羽

以上が飛んできて木にとまった。東北か高原の繁殖地から南に移動中なのだろう。

P1090403

P1090419

P1090424

 

2022年8月26日 (金)

ヤマドリ

標高679mの山頂でサシバ2羽が北から飛んできて南の空に渡って行き

ノスリ2羽も飛んだ。アオバト4羽も目の前を飛んだ。12時に林道を

下って行き別荘地を過ぎたところで、前方のカーブで小さい鳥が2羽走って

道路を渡った。あ!コジュケイのひなかと思って車を停めると、なんとヤマドリ♀が3羽後に

続き、最後に♂が出て来て斜面に消えていった。あっという間のことだったが車の窓から

身をのり出して♂をなんとか初めて写すことができた。

P1090257

 

2022年8月25日 (木)

キベリタテハ

登山道の地面でキベリタテハが吸水していた。黄色の縁取りと

瑠璃色の斑点が綺麗な蝶だがなかなか翅を開いてくれない。

飛んで妻の腕にとまって開いてくれた。鏡池の傍でも吸水していた。

P1090121

P1090127

P1090137

P1090145

«シータテハ