2018年12月11日 (火)

ルリビタキ

谷津の入口にある池に行くと、小さなガッガという声が聞こえた。ルリビタキだ。そっと近寄って行くとヒッヒと鳴き始めた。斜面の上の方の木の枝の中で飛んだが♂か♀かまでは分からない。別のPc112293 林の中からヒッヒという声がしたが後の声がない。林縁なのでジョウビタキということもあるなと考えていると、出て来て枝にとまった。ジョウビタキの♂でした。ヒッヒだけだとルリビタキとの違いが分からない。奥に進むと小さなガッガが聞こえたので密集した枝の中を探してもなかなか見つからない。動いてくれないと見つからないが、なんとすぐ近くの枝に綺麗な成鳥♂がとまっていた。Pc112260

2018年12月 1日 (土)

マガン

Pc012153 久し振りに多々良沼に行き、マガン成鳥1羽と幼鳥1羽が仲良く水面に浮いているのを見ました。ツルシギ、ハマシギも見られました。マガモ、コガモ、ヒドリガモ、チョウゲンボウも飛びました。Pc012146

2018年11月28日 (水)

ヒガラ

Pb262049 続いてヒガラ、こちらもコガラに負けず動き回ります。立派なあごひげをはやし後から見るとこちらは白いたてがみのようです。Pb262022

コガラ

高い木の梢に飛んできてとまったのはツグミ2羽、今年は飛来が遅いです。ヤマガラがあちこちにPhoto_2 いて枝の上で実を押さえ食べていて、コガラも現れちょこちょこ動き回ります。黒いベレー帽をかぶったようですが、後から見ると黒いたてがみのようですPhoto

2018年11月27日 (火)

ウソ

Photo_2 遊歩道を進むと、又ヒッヒの声、今度はカッカが続きジョウビタキだと分かる。飛び出して高い木の梢にとまった。♀が暫く周囲を眺めていた。ウソの声が聞こえるが姿が見えない。チュイーンとマヒワが鳴いたので木の上の方を探すがいない。下の方で動きがあったので見ると、ムラサキシキブの実をウソ♀2羽が夢中で食べていてゆっくり見ることができた。Photo

2018年11月26日 (月)

ルリビタキ

Pb261964 赤や黄色に色付いた山を眺めながら山道を走っていると、道路端に赤と緑が目立つ綺麗なキジ♂がのんびり、集落の中なので安心している様子。山の駐車場近くでは白と青が見えてカケスが横切った。駐車場ではウソのフィフィという声が出迎えてくれた。遊歩道を歩きだすと、早速ヒッヒという声、ルリビタキかジョウビタキ?続く声を待っているとガッガだった。ルリビタキだ!近くの枝に鳴きながらとまってくれた。可愛い♀タイプ、道に下りたり杭にとまったり落ち着かない。初認です。Pb261943

2018年11月25日 (日)

タヒバリ

Pb251941 明戸堰に向かって歩いていると、ツグミの声が聞こえましたが姿は見えない。シメが高い木の枝先にとまりカワラヒワもいました。草地からカシラダカ10羽以上が飛び立ち、草の中にアオジ♀がいました。堰に着くとイソシギ2羽、イカルチドリ1羽、セグロセキレイ、ハクセキレイ、上流に行くとキセキレイ2羽、そして初認のタヒバリ3羽がいました。Pb251930

2018年11月18日 (日)

サンショウクイ

Pb181786 嵐山渓谷に紅葉を見に行きましたが、今年は遅れているようで赤くなっているものは少なかったです。エナガ、ヤマガラが高い枝の中を移動しているのを見ていたら、サンショウクイがとまっていましたが直ぐに飛び、ヒリリヒリリという声が聞こえました。駐車場に戻るとヤマガラとエナガがいたので見ると、サンショウクイが一緒にいて飛び回っていました。Pb181782

2018年11月13日 (火)

カシラダカ

谷津の入口に立つと、モズ、ジョウビタキが鳴いていました。田んぼを作らなくなって数年経つので雑草が伸び放題、雑木が生えて背が高くなってしまいました。そのせいか鳥が少なくなった気がします。元気に出没するのはガビチョウ、ホオジロ♂♀、アオジは声だけ、アカゲラが飛びました。ベニマシコは29日に声を聞いただけでその後声も無し。カシラダカが10羽位落ち着かなく飛び回っていました。年々群の数が少なくなっています。世界的に減少しているそうです。Pb131734

2018年11月12日 (月)

シメ

ジョウビタキ、メジロ、コゲラの声を聞きながら散歩して雨水調整池に行くと、カイツブリ幼鳥2羽が潜水の練習中、しかし魚は取れずピピピピと鳴いて親のところに行き魚を貰っていました。高い木の梢にシメがとまっていました。渡って来たばかりなので低いところになかなか降りてくれません。Pb121716

«ミヤマホオジロ