2019年8月24日 (土)

メスグロヒョウモン

久し振りの青空、皇玲山は日差しは強いが谷から涼しい風が

吹き上げてきた。ツミが上空を飛び、サシバ、ハチクマが中腹で

何回も飛び、ノスリやハヤブサがモビングした。ハチクマ♂が今シーズン

初めての渡りをして、ピーヨと鳴きながら飛ぶハチクマがいたり、

デイスプレイフライトも見せてくれた。ミヤマカラスアゲハ、キアゲハ

ジャコウアゲア♀が飛び、メスグロヒョウモン♀が吸蜜していた。

P1070137

P1070157

2019年8月12日 (月)

コヒョウモン

昨年は1週間位前に訪れ、ヒョウ柄の小さな蝶が飛んでいるところだけ

しか見られず何か分からなかったが、今回はマツムシソウやクガイソウで

吸蜜しているコヒョウモンをあちこちで見てヒョウモンチョウとの違いを

じっくり見ることができた。高峰高原もヤナギラン、ニッコウキスゲ等の

花が咲いて綺麗だった。コヒョウモン、アサギマダラが見られ、ウソが鳴いて

飛び、ホシガラスの声を聞いた。ノスリが3羽青空を帆翔した。

Photo_20190812152302

Photo_20190812152301

2019年8月11日 (日)

ベニヒカゲ

ヤナギラン、クガイソウ、ハクサンフウロ、シモツケソウ、マルバダケブキ、

いろいろな花が咲いていてコマクサもまだ咲いていた。本州では準絶滅危惧種の

ベニヒカゲがあちこちにいた。長野県天然記念物になっている。クジャクチョウ

オオチャバネセセリ、ギンボシヒョウモン、キアゲハが見られた。

P1060837

P1060860

メボソムシクイ

兎平(2061m)から雲上の丘広場(2110m)に登り鏡池に下りて

池の平湿原を歩いた。涼しい風が吹いていて林の中は猛暑を忘れる。

メボソムシクイがあちこちでさえずっているが見つけられない。ようやく枝にとまってくれ見られた。

ヒッヒという地鳴きが聞こえたので探すとルリビタキ♀がいて、こんなにもいるのかという

くらいさえずっている♂も見つけた。♂は繁殖で疲れたのか羽が色あせている。冬の方が綺麗だ。

コガラの幼鳥も見られた。ホシガラスが鳴いていた。

P1060881

P1060890

 

 

2019年8月10日 (土)

ミヤマカラスアゲハ

湯ノ丸高原(1700m位)まで上がってくると流石に涼しい。

ヤナギランが咲いているスキー場を過ぎて林の中を走ると

道路脇にノアザミやヒヨドリバナが咲いていて蝶がいた。

ミヤマカラスアゲハが綺麗な翅を見せてくれた。ビロード状の

性標がないので♀だ。アサギマダラ、ヒメキマダラヒカゲもいた。

ルリビタキ、メボソムシクイがさえずっていた。

P1060783

P1060786

2019年8月 5日 (月)

アサギマダラ

少しでも涼しいところにと思い山の公園に行くと27度だったので

林の中の遊歩道は涼しかった。リョウブの花は終わりかかっていて

蝶は少なくなっていたが、ミドリヒョウモン、アカタテハ、オナガアゲハ

アオスジアゲハがいた。ホオジロ♂が梢でさえずり、ノスリ、トビが飛んだ。

コガラは見られたが、クロツグミ、ヒガラ、ウグイスはさえずりだけだった。

アサギマダラ♀がアジサイにとまり綺麗な姿を見せてくれた。

P1060710

P1060735

2019年7月30日 (火)

アオバセセリ

山の公園の駐車場にリョウブの白い花が咲いていて蝶が集まっていた。

ミヤマカラスアゲハがいたが直ぐ飛んで、ミドリヒョウモン、アカタテハ

そして青緑色で肛角部の赤色斑が綺麗なアオバセセリを始めて見た。

クロツグミ、ヒガラ、ウグイスがさえずり、遊歩道を歩くと

コガラ、ヤマガラ、シジュウカラの幼鳥達、キバシリも幹を

登っていた。アオバト、カケスが鳴き、オオアカゲラも現れた。

オナガアゲハ、カラスアゲハもリョウブの花で吸蜜していた。

P1060564

P1060583

2019年7月21日 (日)

ジャコウアゲハ♀

ジャコウアゲハ♀がウマノスズクサに産卵していた。

P1060520

P1060515

2019年7月20日 (土)

ルリボシカミキリ

雑木林の中の間伐した丸太の上にルリボシカミキリがいた。

P1060496

P1060494

2019年7月19日 (金)

カラスアゲハ

沢沿いの林道の地面でカラスアゲハ♂が吸水していた。

P1060435

P1060445

«ホソオチョウ